https://search.google.com/search-console/

leoblogkun

サッカーのことや、勉強のことを発信していきます!!

ペップの戦術!現代に復活した逆ピラミッド!

■ 現代に復活した逆のピラミッド

f:id:leoblogkun:20201122012642j:image

 

グアルディオラマンチェスター・シティの監督に就任するやいなや、非常に独創的な戦術システムを導入している。

バルセロナバイエルンを率いていた頃と同じように、中盤の抑え役を1人だけにする方法を好んだのである。これはミッドフィールドの中央に2人の選手を配置するという、シティの伝統的なアプローチと異なっていた。

そのキーマンとなったのは、ブラジル代表の守備的ミッドフィルダーフェルナンジーニョだった。

もともとフェルナンジーニョは、ボックス・トゥ・ボックス型のミッドフィルダーだったが、より守備的に試合をコントロールしていく役割を担うようになり、ヤヤ・トゥーレとコンビを組んでいた。

だが彼はグアルディオラの監督就任によって、1人で中盤の抑え役を務めるようになる。これに伴い、トゥーレは居場所を失っていった。

一方グアルディオラは、ケヴィン・デ・ブライネとダビド・シルバフェルナンジーニョの前方に並べ、「8番」(セントラルミッドフィルダー) として起用するという大胆な策も採った。

従来、デ・ブライネとシルバは、もっと攻撃的な役割を担う選手だと見なされていた。基本的にはいずれも「0番」タイプであり、必要とあらばワイドに大きく開いたポジションでプレーしつつ、内側に流れてくることもできる選手だと考えられていた。

その意味ではデ・ブライネであるとシルバであるとを問わず、いずれかを後方に下げて起用するということ自体、かなり勇気のいる決断になるはずだった。

本来「8番」の選手は、守備陣と攻撃陣をつなぐ役割もこなさなければならないし、「10番」の選手よりもかなり運動量が求められてくる。ましてやシルバやデ・ブライネのようなタイプにこの役割を授けようとするなら、額に汗して精力的に走り回るハードワーカーとコンビを組ませるのが定石になる。

ところがグアルディオラは、デ・ブライネとシルバの両方を中盤に組み込み、その背後をフェルナンジーニョにガードをさせる方式を採った。結果、2017/18シーズンのシティでは、プレミアリーグ史上、もっともテクニックに秀でたトリオが形成されることになった。

しかもデ・ブライネとシルバは、巧みに連動しながらすぐに新しい役割をこなしてみせた。とりわけチャンピオンズリーグプレーオフステアウア・ブカレスト戦では圧巻のプレーを展開している。

この試合はアグエロハットトリックを達成。二度のPKをはずしたにもかかわらず、シティが5,0で相手を一蹴した試合として印象深い。デ・ブライネとシルバはパスを交換しながら中盤を走り続け、ゲームを動かし続けた。

「これは(今までと)違う役割なんだ」。

デ・ブライネは、自分が担った新たな役割について解説している。

「監督は独自の戦術を使っている。僕は10番としてじゃなくて、どこにでも動き回る「自由な8番」としてプレーしたんだ」

以前にシティがタイトルを獲得した際には、ワイドに開いたプレーメイカー、シルバとサミ・ナスリが内側に流れてくることによってチャンスが作り出されていた。

だがグアルディオラは、シルバとデ・ブライネを中央に固定する一方、ワイドに開いたポジションには純粋なウインガーを配置している。しかも彼らは大抵の場合、利き足と同じサイド、つまり「順足」の位置についた。右サイドにはラヒーム・スターリングを、左側には新加入のレロイ・サネがおもに配置されている。

彼らはタッチライン沿いに張り続けることによって「幅」を確保し、敵のフォーバックを横方向に間延びさせる役割を請け負っていた。これはグアルディオラバルセロナ時代、ワイドな位置に開いた攻撃的選手に求めていたのと同じプレーである。

両サイドにウインガーがいれば、敵のセンターバックサイドバックの間には必然的にギャップが生まれる。

そこにデ・ブライネとシルバが、フォワードと絡みながら飛び込んでいくというのが、シティの攻撃パターンになっていた。

結果、グアルディオラ指揮下の新生シティでは、サネ、シルバ、アグエロ、デ・ブライネ、そしてスターリングという5人が攻撃陣の1列目に並ぶ形が頻繁に見られた。ピッチ全体に配置された選手の位置に着目するなら、シティの試合では1世紀ほど前、イングランドのサッカー界で幅広く採用されていた逆型のビラミッドに似た陣形が蘇ったのである。

とはいえ「ファイブトップ」のようなシェイプには、相応の危険も伴う。抑え役のミッドフィルダーであるフェルナンジーニョにかかる負担が、当然のように大きくなってしまう。

しかしグアルディオラは、バイエルン・ミュンヘン時代と同じような方法でこの問題に対処した。

サイドパックを内側に絞らせ、中盤における守備をサポートさせたのである。

ちなみにバイエルンでは、若い頃はいずれもミッドフィルダーで、間違いなく世界トップクラスのサイドバックに成長したフィリップ・ラームダヴィド・アラパを起用している。

シティではテクニックの面で見劣りし、いずれも3代を超えていたガエル・クリシーバカリ・サニャパブロ・サバレタに、新たなノウハウを教えることになった。

この方式は2016/17シーズンの開幕戦、サンダーランドに2-1で勝利を飾った一戦では特に顕

著に見られた。

右のサイドバックであるサニャと、逆サイドのクリシーは内側に移動し、守備的ミッドフィルダーフェルナンジーニョと中盤のトリオを形成したのである。

しかもフェルナンジーニョは後方に下がり、2人のセンターバックの中間に当たるようなポジション取りをしたため、シティはフォーバックをベースにしながら、実質的にはスリーバックに近いような布陣にも変化していった。

フェルナンジーニョはサイドをケアすることもできたため、ディフェンスラインはフォーバックからツーバック、あるいは独特なスリーバックへと自在に変化している。

このスリーバックもまた、数十年前のアーセナルのフォーメーションを彷彿とさせるものだとして大きな話題を呼んでいる。